2005年11月17日

おススメBOOK

なぜ.jpgなぜ、この企業に惹かれるのか

単行本: 220 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: アスコム ; ISBN: 4776202905 ; (2005/10)

著者:川島 蓉子
伊藤忠ファッションシステム株式会社マーケティングマネージャー。1961年新潟市生まれ。早稲田大学卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科修了。1984年伊藤忠ファッションシステム入社。ファッションという視点で消費者や市場の動向を分析する会員制クラブ組織にて、アパレル、化粧品、流通、家電、自動車、インテリアなどの会員企業と異業種ネットワークを組み、レポート誌の編集、セミナーの企画運営などをおこなう。また、「日経流通新聞」、「繊研新聞」などに定期的に寄稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

推薦:三宅社長
アップルコンピュター∞資生堂∞ユナイテッドアローズ∞ホンダ∞カッシーナ・イクスシー≠取り上げて実際の取材に基づきこのテーマが記述されています。
ここ最近、女性著者の本を読むことが続き、男性と違った女性の感性の鋭さを感じておりますが、この著者も感性の優れた方です。
事細かく取材で出会った人や物が記述されてテンポよく心地よく読むことができました。
テーマの結果はと言うと‥読者次第といった感じですがこの5企業の真実が述べられた本でした。
Ipodがほしくなり、化粧品のことはまったくわからないのですが70年代の資生堂の″k艶顔石鹸ホネケーキ≠竍ナツコビューティーパクト≠ニいった商品名が記憶から蘇ってきました。
なぜ? 潜在意識に入り込む広告の力はすごい!。
【関連する記事】
posted by 殿 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(1) | おススメbook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9463122

この記事へのトラックバック


Excerpt: 文化服装学院文化服装学院(ぶんかふくそうがくいん)は1923年6月23日に創立された東京都渋谷区代々木にある服飾学校。連鎖校として宮城文化服装学院などがある。学科服装科(昼・夜)服飾研究科アパレル総合..
Weblog: 自分を磨く専門学校最新ガイド
Tracked: 2007-09-29 19:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。